スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
Wのこと
2011/01/08(Sat)
ウェジの家

2007.6. 102

私は、教会の働きとともに、世界に孤児院を設立するためのNPOの働きにかかわっているのですが、
昨日、ザンビアの孤児院で受け入れている女の子が亡くなったというニュースが入ってきました。

この子は両親がエイズで亡くなり、引き取っていたおばさんも亡くなり、一人きりになっていた時に孤児院に来ました。

秋ごろから具合が悪く、病院に入院することになっていたのですが、病院のベッドが空かず、孤児院で療養していました。

病院のベッドが空いていて、速やかに入院できて、適切な対応が取られたなら・・・・と残念な思いもしますが、一方、こうして短い期間であっても孤児院で生活できたこと、食べ物や食事が与えられ、お世話してくださる方々が身近にいる中で過ごせたことは、この子にとって幸いであったかもしれないなぁとも思います。

世界には悲惨な中で生活している子どもたちが、今も大勢います。


写真上は、Wが孤児院に来るまで住んでいた家。
写真下は、W(左)と孤児院の子どもたち。
この記事のURL | 未分類 | CM(2) | ▲ top
<<賛美を通していやされる | メイン | 仕事始め・・・・>>
コメント
-  -
こんばんは。

はじめまして。。。だったかしら?

デボラさんの関わっておられる働き、
存じ上げています。

以前、友人が関係のある団体で宣教師として働いていました。

本当に、世界中にこういった環境の中で暮らす子どもたちがたくさんおられるのですよね。。。

息子にもこの記事を読ませます。
そして、
一緒に祈りますね。
2011/01/10 22:25  | URL | とも #-[ 編集] ▲ top
- ともさんへ -
ともさん コメント感謝します。

私のかかわっているNPOの働きのこと、ご存じだったとは驚き・・・・!!

具体的な名を出していなかったので、他の方にはわからないだろうと思っていました(笑)

どこでどういうつながりがあるかわからないものですね・・・・。

ところで、宣教師さんって誰だろう・・・・・??(笑)

ともあれこれからもよろしくお願いいたします。
2011/01/11 20:30  | URL | DEBORAH #-[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。