スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
「ひとりで介護」
2009/09/28(Mon)
2008.9町田の自然 013

朝刊の家庭欄に、今、「ひとりで介護」というテーマの記事が連載されています。
その記事を読みながら、私自身、約9年間、ひとりで母を介護していた頃のことを思い出しました。

今、あの頃のことを振り返って、"よく、ひとりでやったなぁ・・"と思います。夢中で過ごした9年間でした。
介護って、本当はひとりでは負いきれないんですね。ひとりで介護していると共倒れになってしまいます。

よく、ひとりで介護していた人の悲劇的な事件が報道されますが、本当に胸が痛みます。
"この人はきっと、ひとりでギリギリの限界までがんばったんだろうなぁ”と思ってしまいます。

私はクリスチャンですから、苦しい時、もうこれ以上は出来ない・・・・というような行き詰った時、神様に助けを求めて叫び、祈りました。神様が助けてくださらなかったら、神様に祈ることを知らなかったら、きっと精神的に参っておかしくなっていたでしょう・・・・。
また、介護の生活の中で、"すべてのことを感謝する”ということも徹底的に訓練されました。

介護の生活から解放されて7年経ちますが、今、あの時のことが、すべて益になっているので本当に驚いてしまいます。何ひとつ無駄ではなく、すべては益・・・・・です!!
神様の計らいは、想像をはるかに超えていますね。

神を愛する人々、すなわち、神のご計画に従って召された人々のためには、神がすべてのことを働かせて益としてくださることを、私たちは知っています。   (ローマ人への手紙9章28節)
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | ▲ top
<<遅い夏休み | メイン | 都電荒川線>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。